皆様、こんにちは。あつ~い陽気が続いていますね。この陽気が続くと本格的な夏に突入したらどうなってしまうのか?多少心配です。

ですが、いつまでもこの夏が続く訳でなく、やがて秋が到来します。そしてその秋にあの人気ラジオ局においてなんとesports大会が開催されるという大ニュースをキャッチしました。

そこで今回はこのニュースについてポイントをかいつまんでお伝えしてゆこうと思います。では、、いざ!

◆J-WAVEが主催するesports大会だ!

開局30周年を迎えるJ-WAVE(81.3Mhz)が9/29(土)~9/30(日)にesports大会を主催します。気になるタイトルは・・・・

"Winning Eleven 2019"

キタ――(゚∀゚)――!!

そしてなんとジョンもキター!!!

ジョン・カピラさんは歴代のウイイレシリーズのゲームナレーションを務めております。・・・このナレーションがまた、、ゲームをesportsへと引き上げる要因になっていると個人的には思っています。一度、体験してみればわかるのですが、まるで本当のサッカーの解説をされているように滑らかで自然な解説がそこにあります。

そんなジョン、なんと当日の大会でガチリアルで解説をやるそうですよ!盛り上がる事間違いなし。ウホっ・・あれ?w

じゃぁ、そんな大会にウイイレマスターの私は9/29にどこにいけばいいのかという事。。。実は予選があるんです!

◆予選エントリーは7/13(土)~7/31(火)、オンラインで

ここはちょっとふざけていると、危ないのでまじめに書いておきます。というかメディア向けの文章をガチコピペします。間違うとアウトですからね。

~~ここから~~

只今、 参加選手のエントリーを受付中。 抽選で選ばれた方は、 8月19日(日)「e-sports SQUARE AKIHABARA」で開催する予選会に参加していただきます。

さらに予選会で勝ち進んだ上位2名には、 9月29日(土)にイノフェスで開催する「e-SPORTS イノフェスCUP Powered by Zoff」に出場していただきます。

◆◆エントリー受付期間: 7月13日(金)13:00~7月31日(火)23:59
◆◆エントリー用特設ページ:  https://e-sports-square.com/iwf2018/ 

~~ここまで~~

あらまぁ、まだ間に合うじゃないです!という事で是非、「ウイイレなら弊社最強です」という方から「楽しんでみよう」という方まで応募してみたら如何でしょうか?

尚、タイトルの「Winning Eleven 2019」自体は8/30の発売予定のものなので、この点かな~り注意が必要かと思います。

◆本大会は2019年開催の「いきいき茨城ゆめ国体」文化プログラムを視野に

既に書いてしまっていますが、2019年開催の「いきいき茨城ゆめ国体」ではesportsが取り入れられる事が決まったようです。

今回の大会はこちらに視野に入れていると、報道向けには発表がありました。。。。より盛り上がるesports業界、何より「国体」にまで取り入れられるとは思いませんでした。この国体を視野に入れた大会という事ですので、2019の国体においてesports選手として活躍したい方から何らかしらの形でかかわりたいesports関係各位にとってもとても有意義な大会になりそうですね。

そんな事で当日「e-SPORTS イノフェスCUP Powered by Zoff」決勝前のステージでは「e-Sportsの未来(仮)」と題したトークセッションを開催するとの事で、MCを担当するジョン・カビラさんと共に、イノフェスのプロデューサー落合陽一さんが登場するとの事です。

※イノフェス テクノロジープロデューサー 落合陽一さん

◆実は音楽イベントも兼ねている

はい。この記事作成に辺り、確認してみると上記イベント「INNOVATION WORLD FESTA 2018 Supported by CHINTAI」(通称:イノフェス)」が本体のようです。このイベント自体は料金が発生するそうですので注意が必要ですね。詳しくはこちらの公式サイトをご覧下さい。

◆おしまい

さて、今回の記事は如何だったでしょうか?ウイイレの大会があのJ-WAVEで開催されるとなるとesportsの注目度が上がってきている、また他文化にもその集客力・注目度を活用されるまでに至ったesportsには成長したなぁ、なんて感慨深いものがあります。

いったい何年のesports元年を迎えていた事か。w当初、ゲーム開発側で徹夜な日々が瞼によみがえります。

という事で、今回はこれまでです。これからもesports-starではユーザー目線で様々な事柄を伝えてゆけたらなと思います。

■情報元:

株式会社J-WAVEのプレスリリース(2018.07.13)

※「Winning Eleven 2019」はコナミデジタルエンタテインメント社が著作権を有しております

 

 

 

おすすめの記事