皆様こんにちは。本日は「ストリートファイターⅤ AE」の「CAPCOM Pro Tour」で活躍中のFAV所属「sako」選手が世界ランキング11位になったとのニュースが入りましたので、その件につきましてお知らせ致します。尚、本文は私宛に株式会社Gzブレイン社様から頂きました情報を元に一部改編しつつ記載させて頂きました。

当初頂きました情報をあれこれいじってゆこうと思いましたが、、流石世界のカドカワグループ、そしてゲーム業界出版の雄Gzブレイン様、、なまじいじるよりそのまま掲載する形が良いと思いました。それでもほんの一部私の方でいじっています。

それでは本文スタート!

◆FAV所属「sako」選手世界ランキング11位に

株式会社Gzブレイン社で運営するプロゲーミングチーム“FAV gaming(ファブゲーミング)”の格闘ゲーム部門に所属するsako選手が、 2018年6月29日~7月1日にアメリカ・フロリダ州で開催された大規模格闘ゲーム大会“CEO2018”の『ストリートファイターV アーケードエディション』部門にて第4位に入賞!!

sako選手は年末に開催予定の『ストリートファイターV アーケードエディション』の公式世界大会“CAPCOM CUP2018”出場に向け、世界各地で公認大会が実施されている“CAPCOM Pro Tour”に参戦中です。今回出場した“CEO2018”は “CAPCOM Pro Tour”のグローバルプレミア大会に指定されており、 世界各国から数多くの強豪選手が集っているとの事です。

sako選手は 500名以上の参加者の中で熱戦を繰り広げ日本人としては第2位、総合で第4位に入賞。

暫定でsako選手のアジアランキングは2位、世界ランキングは11位にランクアップし、 “CAPCOM CUP2018”への出場に向けて大きく前進しました。 

Gzブレインでは、 sako選手をはじめ、 プロゲーミングチーム“FAV gaming”所属選手のさらなる活躍の場の拡大に向け、 今後も全力でサポートしてまいります。 

◆“CAPCOM Pro Tour”について 

CAPCOM U.S.Aが主催する“CAPCOM Pro Tour”とは、 グローバルプレミア大会、 地域ランキング大会など1年を通して世界各国で行われる『ストリートファイターV アーケードエディション』大会群の総称。 2018年末“CAPCOM CUP 2018”にて 年間総合優勝者が決定される国際大会。 ”ストリートファイター”のプレイヤーにとっては特別な大会です。

◆sako選手とは

■名前:sako
■生年月日:1979年4月9日
■出身:鹿児島県(3歳~大阪)
■プロフィール:
世界有数のテクニックを持つ技巧派プロプレイヤー。 国内外の数々の大会で好成績をおさめ、 2013年にはCAPCOM公式世界大会、 CAPCOM CUP優勝で初代世界王者となる。 
■おもな実績:
・CAPCOM CUP 2013 優勝(スーパーストリートファイターIV AE2012)
・FV CUP 2016 優勝 (ストリートファイターV)
・CAPCOM CUP 2016、 2017 本戦出場(ストリートファイターV)
・東アジアオンライン予選大会 2018 優勝(ストリートファイターV AE)他
■Twitter:@sakonoko
■配信: https://www.twitch.tv/sakonoko_game 
■直近の試合予定:7月7日~7月8日 Abuget Cup 2018 参戦予定

79年生まれの方ですので39歳という事ですね。esportsプレイヤーは20代半ばまでがピークと言われておりますが、まだまだ現役で戦われているsako選手は本当にすごいと思います。

特に反射神経を多く使う格闘タイトルにおいて高いクオリティを保ちそして勝ち進んでゆくことは、想像するだけでもしんどいかなと思います。読者の方で20代の方はまだピンとこないかと思うのですが、30すぎると夕方あたりに目がかすんだり、本当にふとした瞬間に集中力が切れたりするんです。それを格闘の世界で、それもトッププロとして活躍されているsako選手は素晴らしいと思います。改めて拍手を送りたいです。

◆sako選手所属のFAVについて

 “FAV gaming”とは、 Gzブレインがプロデュースするゲーミングチームです。 現在、「格闘ゲーム部門」と「クラッシュ・ロワイヤル部門」の2部門で、合計7名の選手が所属。 
名称は、チームスローガンはFun and Victory(楽しんで勝つ)プレイ、行動を通じて、すべての世代に愛され、ファンを幸せにするチームを目標としている。 
公式サイト: http://www.favgaming.com 
公式Twitter: https://twitter.com/fav_gaming

◆株式会社Gzブレインについて

株式会社Gzブレイン(代表取締役社長:堀 健一郎)は2017年7月3日、 カドカワ株式会社の100%子会社。

『ファミ通』や『B's-LOG』ブランドをはじめとする、様々なゲームメディア・サービスの企画・制作・編集・運営。情報誌や書籍の出版だけでなく、Webメディアやイベントの企画・運営、 ゲーム動画・映像配信やコンテンツ制作、 ゲームマーケティング事業など、 あらゆる角度からゲームの面白さを伝える事業を展開中。

 

◆まとめ

さてどうだったでしょうか?sako選手!おめでとうございます、次回以降も頑張って下さいという記事内容だったのですが、私なりに以下の点に関して所感といいましょうか皆様にお伝えしたい部分が改めてあります。それは「オッサンでもesportsは楽しめる。年齢は関係なしにesportsは面白い」という事です。こう記載するとsako選手に失礼な段もあるかとは思うのですが、そういったディスりがしたいのではなく、esportsに年齢の垣根は無いという事を強調したいと思います。リアルスポーツと違ってesportsはマインドやインテリジェンスのスポーツでありますので肉体の衰え=esports力の衰え という図式は必ずしも当てはまりません。それでも先述していましたが、肉体の衰えがマインドの衰えに繋がる可能性が高い事は否めない事実ではあります。ただ、それがリアルスポーツに比べると目立ちにくく開かれたスポーツと言えます。

国境や年齢を超えて楽しめるesports、そしてそれを体現する事が出来る選手がいて活躍されている。素晴らしい事だと思います。esports-starでは今後も独自の観点においてesportsニュースを伝えてゆきたいと思います。それでは、今日はこの辺で。

■情報元:

株式会社KADOKAWAのプレスリリース(2018.07.06)

 

 

 

 

 

おすすめの記事