皆様こんにちは。お久しぶりのotakebooyaです(・ω・)

すっかり夏も過ぎ去って秋になりましたが皆様いかがお過ごしでしょうか?秋の夜長にesports、ゲームの時期になっていますので私も子どもが寝たの見計らってゲームやっております。

お気づきの方は「この人、昼間やってない?」と思うかもしれません。そうです。ありがとうございます。それはお仕事の手伝いでnov(Twitch)の配信に付き合っているからです。

配信を見て貰えればお分かり頂けると思いますが、あやつ、中々進歩がありませんorz 課長なんですけどね、一応。どうもesportsというか仕事のやる気が感じられない。

この前も「PUBG」(”PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS” 以下、PUBG)をやっていてもイマイチな結果。まぁやってみて我々の低スペックPCではどうにもならない、の落ちがついていたのですが・・・

さて、今回はその我々esports-starもハマっている「PUBG」に関するニュースです。PR TIME様を通じPUBG株式会社様より情報を頂けましたのでご紹介させて頂きます。

ここから本番です!!

情報

以下、頂いた内容。(原文)
PUBG株式会社(支店:東京都渋谷区渋谷3-28-15 渋谷S.野口Bldg. 10F 代表取締役 キム・チャンハン)は、 2019年1月10日(木)~12日(土)の3日間、 PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDSのアジア国際e-Sports大会である「PUBG ASIA INVITATIONAL MACAO 2019 」(以下PAI MACAO 2019)をマカオで開催することをお知らせいたします。

PAI MACAO 2019は、 昨年に韓国釜山BEXCOで開催された「kakaogames 2017 PUBG ASIA INVITATIONAL G-STAR」に次いで2回目のアジア地域大会であると同時に、 今年7月に開催された「PUBG GLOBAL INVITATIONAL 2018」に続く、 3回目となるPUBG Corp.主催の正式な国際大会となります。

今回のPAI Macaoは、 賞金総額50万ドルとアジア最強チームという名誉をめぐり、 韓国、 中国、 東南アジア、 台湾、 マカオ、 日本など、 PUBGの公式大会が開催されている地域で、 最も実力の高い16チームの参加が予定されています。 各地域の出場チームは以下のとおりです。

ゲームの競争力と公平性を維持させつつ、 視聴者の皆様にとってもより良い視聴体験を提供するために「PAI MACAO 2019」にはPUBG Corporationが策定した新たなルールセットが適用される予定です。

PUBG Corporationのキム・チャンハン代表は「7月のPGI 2018を通じてPUBGのe-Sportsとしての可能性を証明できた事に続いて、 公式の国際大会を再び開催できることをうれしく思う」とし、 「各地域のプロ大会と連携している国際大会という点から、 プロチームにはモチベーションを、 ファンには新しい楽しみを提供できるはずだ」と述べた。

PAI Macaoに関する大会ルールや配信情報、 チケットオープンの日程などの詳細は後日公開する予定です。

※情報提供元 PRTIMES様、報道向け

分かりづらいのでまとめ!

esports-starでは頂きましたニュース情報については基本的にそのままのままで掲載するようにしております。それは情報を誤ると情報提供元様やメーカー様、まためぐってユーザーの皆様に影響が出てくる事を考慮しての事です。がしかし、これだけでは他大手サイト様と同様、そしてより集客もなく人気もないサイトで同じことしてどうすんねんという気持ちが大きくなってきています。

これはesports-starの面々一同、同じ考えです。・・・そこで、今回から情報はなるべく「まとめ」を入れるようにしたいと思います。

この「まとめ」に関してはかなり、esports-star独自の観点が入ってきます。場合によっては本来の情報を超えた何かをお伝えする可能性がありますw まぁ悪いようには書きませんが、なるべくユーザー目線という本サイトのコンセプトを外さないで行こう!という考えだととらえて下さい。

ただ、やっぱり本来の情報は大切なので、はじめにそれらをきっちり本文上部に記載してから~のまとめになります。・・・やっぱりメーカー様怖いのでorz

という訳で、まとめてゆきますね。(やっとかよ)

PUBG ASIA INVITATIONAL MACAO 2019の情報まとめ

頂いた内容をesports-star的にまとめると以下の通りとなります。

■概要

3回目となるPUBG Corp.主催の正式な国際大会が「PUBG ASIA INVITATIONAL MACAO 2019 」

韓国、 中国、 東南アジア、 台湾、 マカオ、 日本など、 PUBGの公式大会が開催されている地域で、 最も実力の高い16チームの参加が予定。

つまり、上図があるように「上の大会で最も実力の高いチームに選出されたチーム」でないと参加出来ない。(ワイルドカードなど例外があるかは不明)

ぶっちゃけると日本だともうPUBG JAPAN SERIES#1は始まっているので、我々一般ゲーマーにはチャンスはない。と思われる(あくまでワイルドカードなしの場合)

って事で来年以降PUBG JAPAN SERIESに参加して勝ち上がらないといけない。

■賞金

とはいえ、この大会では以下の賞金その他ば用意されている。

・賞金総額50万ドル

・アジア最強の称号(公式大会ゆえに公式認定)

これがコメなドルだとすると 5000万円オーバーの大会ですか・・いいなぁ。

■スケジュール

2019年1月10日(木)~12日(土)の3日間

※毎年雪が降りそうな時期、センター試験だっけ。

■補足

日本のPUBG JAPAN SERIES(以下PJS)に出ておかないと今回のチャンスは無い事が分かる。公式の大会であるし、一般参加可能型にするとちょっと大会運営上面倒なのも何となく分かる。が本音を言うとEVOのようにチャンス枠を設けて欲し、かゆうま。

 

以上、esports-star的なまとめでした。ね、公式情報とだいぶ違うでしょ?w でも一般ユーザー的にはこんな風に大会情報捉えているかもしれません。

 

おすすめの記事