Steam版が発表されてから盛り上がりを見せている"モンスターハンター:ワールド"!

私chameleosも"モンスターハンターポータブル"から長くプレイしているゲームシリーズの1つです。

そんな長年愛され続けているモンスターハンターを遊びつくしちゃいます。

おまけ

実は私の名前chameleosはオオナズチの英名からきているんです。

モンスターハンター4Gの時はTA(タイムアタック)をしたくらい好きなモンスターでした。

オオナズチランスにおいては日本一なんですよ、私。

その経験を生かして今作でも何かを成せたらいいですねー!

ではではハンター生活始まります!

ハンター始めました!

まずは一番大事なキャラクタークリエイト!

いつも男性ハンターが多いのですが今回も男性ハンターに。

ですが今回は違うテイストで攻めてみようと思います。

好青年ではなくおっさん!!!

おっさん好きなんです!かっこいいー!!!

髪の毛の光度落とせないのがちょっと残念、めっちゃ栄養ある。

某人物に似せてパーツとか選んでますがまぁそこは秘密。

※ネタバレになるので初期イベント等は省略

まずはチュートリアルを進めていきます!

基本操作を覚えるうえで必要なことを教えてくれます。

従来のモンスターハンターシリーズに比べ、マップが広い!

またグラフィックもかなり進化してますね。

めっちゃ綺麗、尻尾がしならなかった時代を知っている身としては感動ものです。

今作ではペイントボールは存在せず、導蟲がモンスターへ誘導してくれます。

その際に必要となるのがこれ!

痕跡です!

モンスターの足跡など様々な痕跡がフィールドに残されています。

これを蟲に覚えさせることによって誘導してくれたり位置を教えてくれたりします。なんて便利な...

立ちはだかる最初の壁"ドスジャグラス"!

最初の難関"ドスジャグラス"!

ロックバンドにいそうな風貌ですね、怖い。

アプトノスを丸のみにしてお腹が膨れ上がっています。

痛めつけてあげると吐しゃ物をまき散らしながらダウンします。

ちょっと汚かったので注意。

そのお腹でのしかかるのはやめて!潰れちゃう。

死闘の末ひたすら突きまくってなんとか討伐!

グラフィックの進化や痕跡を辿ったりと狩り要素がパワーアップしているため狩猟した際は嬉々としました。

自分が使っているランスは結構地味な武器に入るのですが他の武器はアクション要素が強くなっており爽快感があります。

ちょっと見てて浮気したくなりそうでした(笑)

今作はマルチ前提のためか?かなりソロでのプレイは過去作に比べ楽になっていると感じました。

これから始める初心者の方もやりやすい難易度になっています。

ちなみに早速もう知り合いに布教しました、こういうゲームはマルチでやるのも楽しいですからね!

次回予告

これからちょくちょくMHWレポートを上げていこうと思います。

どんな風になるのかはわかりませんが楽しくプレイしているさまをお届けします!

大冒険が俺たちを待っている!一狩り行こうぜ!

■補足

・「モンスターハンター:ワールド」は株式会社CAPCOMが著作権を保有するソフトウェアです

・本記事画像は全て個人PCからのキャプチャです

 

おすすめの記事