皆様こんばんは。otakebooyaです。

今回は株式会社アカツキ様よりeスポーツリーグ「LPE」運営開始に関する情報提供を頂けましたのでお届けしたいと思います。

なんとあの「FCバルセロナ」も参戦するとの事です!!!それでは見ていきましょう。

~~以下本文~~

「株式会社アカツキ」FCバルセロナも参戦!世界的プロスポーツチームが参加するeスポーツリーグ『LPE』の運営開始。PROFESSIONAL ESPORTS LEAGUE, S.Lを子会社化
株式会社アカツキ(本社:東京都品川区、代表取締役CEO:塩田元規、以下「アカツキ」)は、PROFESSIONAL ESPORTS LEAGUE, S.L.(本社:スペイン・カタルーニャ州、代表者:Xavier Cortes Tuvio、以下「PEL社」)の株式を取得し、子会社化したことをお知らせいたします。
PEL社はプロスポーツチームのeスポーツ部門が参加する、eスポーツリーグ『LPE』を設立・運営します。

アカツキは今後、プロスポーツとゲームを融合させた『LPE』の運営をサポートするとともに、アジアにおける事業開発パートナーとして、eスポーツ市場のグローバルな成長を牽引してまいります。

■ eスポーツリーグ『LPE』の設立

『LPE』はPEL社が設立した、プロスポーツチームのみが参加できるeスポーツリーグです。複数ゲームタイトルを採用した通年リーグで、リーグ戦やカップ戦を行います。 FCバルセロナ(スペイン)、アヤックス(オランダ)、ガラタサライ(トルコ)、サントスFC(ブラジル)、レアル・ソシエダ(スペイン)、ビジャレアル(スペイン)他、世界各国のプロサッカーチームが『LPE』への参加を表明しています。さらに、サッカー以外の有力スポーツチームとの協議も進行中です。
なお、日本からは東京ヴェルディが参加予定です。

■2018年秋プレシーズンマッチ開始

『LPE』は2018年秋からプレシーズンマッチを始め、2019年にファーストシーズン開幕を目指します。
ファーストシーズンでは賞金総額最大50万ドルをかけ、世界中の伝統あるプロスポーツチームが、eスポーツで熱い戦いを繰り広げます。

■『LPE』のビジョン・価値観

『LPE』は「多様性」「透明性」「プロフェッショナリズム」をバリューとし、スポーツマンシップに則ったeスポーツリーグを目指します。
また、『LPE』は強い暴力表現を含むゲームタイトルは採用しないことで、ゲームをより健全でポジティブなものとして、選手とファンがゲーム本来の楽しさに熱狂できるリーグ運営を目指します。

•多様性
ゲームは本来、国籍、性別、年齢、地域、運動能力による違いを超えて楽しめるものです。『LPE』は特定地域に限定しないグローバルなリーグとして運営し、チームへの女性の積極的参加を促進するなど、eスポーツ選手の平等と多様性を尊重します。

•透明性
『LPE』はリーグ運営に際して独立した仲裁委員会を設置するなど、 透明性の高い運営を行います。

•プロフェッショナリズム
プロのアスリートは競技はもちろん、発言、立ち振る舞いなども社会に影響を与えます。『LPE』ではプロスポーツチームならではの伝統・育成システムをeスポーツに融合し、プロフェッショナルなeスポーツ選手の輩出も担います。

2018年8月22日ドイツケルンで開催中の「gamescom 2018」記者発表資料より(英語字幕)

■ eスポーツ分野における『LPE』の優位性

『LPE』はゲームとプロスポーツを融合することで、 成長著しいeスポーツ市場において先進的なモデル構築を目指します。
プロスポーツチームが持つプロチームがもつ栄養学、 運動生理学、 心理学などに基づいたアスリート養成の専門的なノウハウをeスポーツ選手の育成や強化に融合することで、 eスポーツ選手はアスリートとして競技力を高め、 より健全にゲームに熱中することができます。
また、伝統的なプロスポーツ業界に対しては、ゲームのテクノロジーや新たなエンターテインメントとの接触機会を提供することで、ファン層の拡大が期待できます。

■ アカツキが目指すこと

アカツキは、ゲームとプロスポーツを融合させたeスポーツに参入することで、リアルな世界においても、ゲームをエンターテインメント化し、多くの人々に感動とつながりを届けたいと考えています。
アカツキは今回、PEL社の65%の株式を3百万 EURで取得し子会社化しました。

今後、 プロスポーツとゲームを融合させた『LPE』の運営をサポートするとともに、 アジアにおける事業開発パートナーとして、 eスポーツ市場のグローバルな成長を牽引してまいります。

~~以上~~

■情報元

株式会社アカツキのプレスリリース(2018.08.22)

おすすめの記事